« 今夜の猫たち | トップページ | まおたんの卒業となっちゃんの様子 »

2009年10月31日 (土)

なっちゃんのこと

木曜の夜から昨日の夜まで、不安と絶望の底から抜け出せませんでした。

木曜日、残業をして家に着いたのが夜8:30ごろ。
とら猫氏が風邪でダウンしていたので、駅からタクシーで家に帰りました。

うちに着くと、けろとパピちゃんがお出迎え。続いてブラッキーズとシナモンが走ってきました。挨拶を済ませて、猫たちのトイレを片し、なっちゃんの姿を確認。さわろうとするといつものように逃げる・・・はずでした。
なのになっちゃんは逃げれない。あれ? なっちゃんは猫部屋の籐でできたいすがお気に入りでいつもそこにちょこんと座っていました。
その日は、籐の下に敷いてあるラグの上に横たわっていたなっちゃん。

なっちゃんは逃げようと、前足を必死に動かすだけで、後ろ足が動かない。
さわってみると冷たくて、反応がありませんでした。

緊急で対応してくれる病院に電話をかけ、状況を説明すると、小さな病院では対応しきれないとのことで、前にけろがお世話になった夜間救急へ車を走らせました。

レントゲン、血液検査の結果、骨も折れていないし異常がみつからない。
もしかしたら神経か脳の異常かも・・。これ以上はMRIでしか調べようがない。
翌朝、いつもお世話になっている先生のもとへ連れて行き、二次診療専門の高度医療センターに緊急の予約を入れてもらいました。
なっちゃんはうちの子にしよう。足が動かなくたって、トイレが自分でできなくたっていいよね。トイレの仕方、先生に教えてもらわなくっちゃね。

そのときは、だんなとそんな風に話していました。

緊急で予約を入れてもらったので、高度医療センターでは比較的すぐに診察してもらえたと思います。なのに、なっちゃんの容態は数時間の間にさらに悪化していて、後ろ足だけじゃなく、前足も反応が鈍い。意識もはっきりしない。目の反応も悪くなっていました。
レントゲンや血液検査ではやっぱり異常がない。考えられるのは脳の疾患か神経。原因がわからないので治療の仕様がない。。。
それは覚悟していたこと。だからMRIのある病院に来たのです。

でも、大きな問題がありました。

MRIを撮るには、麻酔が必要です。なっちゃんの体重はたったの1.7kg。。
そうだった・・。すっかり忘れていた。麻酔のリスク・・・。私が仕事で担当している商品で、麻酔関係の動物医療機器があります。麻酔による体の負担・・・。

今のなっちゃんの状態は相当悪く、麻酔から永遠に醒めないかもしれないと言われました。
でも、このまま放っておけば、事態は悪化していくばかり。。。

このままそうっと見守ってあげたほうがいいの?それとも原因をはっきりさせて、少しでも治療に望みをかけたほうがいいの?

なっちゃんはいまにも壊れてしまいそうで、これ以上負担をかけさせるのは残酷かもしれない・・・。

私はなっちゃんをどうしてもあきらめることができませんでした。なっちゃんは、もうそっとしていおてよ、って言っていたのかもしれません。

リスクを覚悟で泣きながら麻酔の承諾書にサインをしました。

その後、診察室に呼ばれ、先生から説明を受けました。
先生達の間で相談した結果、リスクの大きいMRIの前に、できる検査をすべてしましょうと。。 承諾書にサインしたのに、事前検査をすすめられるのは、それだけ今のなっちゃんにとって麻酔は危険だということ・・。

なっちゃんは、ウィルス検査をしていませんでした。一緒に保護したシナモンを代表して検査しただけです。「もしかして、ウィルス性の病気があったの・・・?」

結果、エイズも白血病も陰性。肝臓や腎臓の機能も異常なく、FIPの可能性も低く、もうMRIしか原因が追求できない状態となりました。
MRIで原因がわかっても、助かる保証はありません。
手術、入院となれば、金銭的な負担も大きい。それでも少ない可能性に賭けたかったです。。だって、なっちゃんはまだ生まれて4ヶ月くらいしかたっていません。

うちに来てから、いつも怒っていたなっちゃん。
なっちゃんは少しでも幸せだと思ってくれたことがあったかな。。。

MRIは夕方6時前から始まりました。麻酔から醒めたら呼ばれることになっていました。。
1時間、2時間・・ 何をしても落ち着かない。。。
こわくて、とら猫氏と「なっちゃんは大丈夫かな?」っていう会話ができませんでした・・。

先生が私たちのもとにやってきたのは9時を過ぎていたと思います。

「今、徐々に目が醒めて来ています。。覚醒は遅いです。。MRIの結果は、麻酔から醒めてからまた後で・・」

ああ、ゆっくりでも目が醒めてきてくれている!
最初の難関はがんばってくれたんだ。

30分後、先生に呼ばれ診察室へ入りました。
担当してくれた先生と、上の先生が二人。

先生の切り出しが鈍い・・・。MRIの画像を見せられ、ゆっくり説明が始まりました。
私の頭の中は、悪いことばかりでいっぱいで、いつ先生の口から最悪の言葉が漏れるのか・・そればかり考えていました。

「・・・・・気管チューブを抜きました。今、自分の力で呼吸しています。」この言葉を聞いて、やっと安心できました。なっちゃんは生きてる。それがわかってどんなに安心したかわかりません。

ただ、MRIの結果、なっちゃんの脳、脊髄、神経。そのどれも、全く異常が見つかりませんでした。検査できることはすべてやった、のに。

なっちゃん、木曜の朝まで普通に元気だったんです。どこから落ちた形跡もない。変なものを食べた形跡もない。吐いた様子もない。部屋の中も全く普通で、事故があった形跡もなく、まったく原因がわかりません。

それに、これだけ重症だったら、MRIや血液検査で異常が見つかるはず。。

なっちゃんの体の中で、何が起こっているか全くわかりません。
でも、家に帰ってきてから、明らかに元気を取り戻しました。
昨日よりも目に力があります。応急処置をしてもらったステロイドが効いているのかもしれません。なっちゃんの足は動かないけど、今日はおしっこも自分でできていました。

一度はなっちゃんを失ってしまうかもしれないと、絶望から抜け出せなかったけど、今日のなっちゃんを見て、希望の光が差してきました。元通りになれるかわかりません。でも、もしかしたら・・。

なっちゃんは正式にうちの子になりました。
なので里親さんは募集しません。
なっちゃんは、エリザベスカラーをつけながらも、今日はちゃんとイカ耳とへの字口で私たちを威嚇しています。なっちゃんの威嚇がこんなにも愛しく感じたことはありません。

ジゲン、五右衛門ファミリーのいる、橋の下の猫たちのプロジェクトが落ち着いたら、少し休憩しようと思います。長く続けていくために、どうしたらいいかここでちゃんと考えようと思います。

長くなっちゃったけど、なっちゃんはがんばってくれました。

ブラッキーズとシナモンは元気そのものです。
里親さん募集は続行していますので、よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ

|

« 今夜の猫たち | トップページ | まおたんの卒業となっちゃんの様子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もちゅみさま
どうもありがとうございます。
一連の出来事がここ数日で起きたことだって信じられないくらいです。
でも、確実になっちゃんは良くなってきています。
なんだか、数日で自分も強くなって気がしてしまいます。
とら猫氏が体調悪かったこと、すっかりぶっとんでしまったし(笑)

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 3日 (火) 21:27

とら猫さんのブログを見て
びっくりして
こちらで詳しく状況を読ませて頂きました。
なっちゃん、よくがんばりましたね。
読んでいて半泣きしてしました。。。
病気の原因がわからないようですが、
少しずつでも回復して
元気になって欲しいです。
なっちゃん、がんばれ~!
そして、パピコ代理さん、とら猫さんも
大変な事は多いと思いますが~
がんばってください。

投稿: もちゅみ | 2009年11月 3日 (火) 18:21

fukkoさま
こんにちわ。なっちゃん、すごくがんばっています。数日前まで、死んでしまうんじゃないかと思ったのが信じられません。もう、すっかりナツメグらしさを取り戻しています。体は完全じゃないけど、なっちゃんスピリッツをまた見ることができて、もう毎日嬉しくって。。
私もとら猫も元気です!
心配してくださってありがとうございます。

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 3日 (火) 12:50

なっちゃん・・・・どうかどうか。
なんとか、頑張れますように。

パピコ代理さん、しっかり栄養とってくださいね。

祈っています

投稿: fukko | 2009年11月 2日 (月) 09:59

ぶっくん802さま
そう、なっちゃんは生きてるし、その強さはまぶしいくらい。
私は全然大丈夫!なっちゃんが元気になってきて、もうすっかり心身ともに立ち直りました!
おしっこは自分でできてると思ったんだけど、俗にいう、オーバーフローだったみたい。膀胱を圧迫して出してあげるのがうまくできなくて、なんども病院の先生に教えてもらいに通ってたんだけど、やっとさっきうまくできたかも~!
これさえマスターできればね!
うん、いけそうな気がするわ!

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 2日 (月) 00:01

reiさま
外の子達とかかわっていたら、辛いことだってあるよね。。。でも今は、全然大変だとも思ってません。
なっちゃん、毎日良くなってるもの!
なっちゃん、うちの子になって喜んでくれてるかな?私はすっごくHAPPYなんだけどね!

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 1日 (日) 23:57

ocashiさま
本当に、一緒にいられる今がどんなに貴重で愛しい時間かを痛感しました。
毎日毎日を大切にしないといけないですね。

ocashi家の子達、体調はみんな大丈夫ですか?
つぶにも会いに生きたいな~。
なっちゃん、「何で私だけこのうちなワケ?」って不満顔のような気がしないでもないですが、いつか「ここでもいいか」って思ってもらえる日が来るようにがんばりますね!
少なくとも私はなっちゃんと一緒にいられて幸せです!

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 1日 (日) 23:55

ピコさま
こんばんわ。
猫ちゃんのこと助けてくださってありがとうございます。少しでも私のブログが役に立ったならとても嬉しいです。
どうぶつも同じ仲間ですよね。人間よりもずっと強くて優しい生き物だと思います。
なっちゃんのことは、絶望から希望に変わりました。まだまだ課題はあるけれど、希望しかもう見えません。
なっちゃんと一緒にいれる時間をくれた神様に感謝したいと思います。

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 1日 (日) 23:51

チャチャ丸さま
なっちゃん、本当に頑張ってくれています。
こんなに小さいのになっちゃんの生命力には驚かされます。
私もなっちゃんに笑われないようにがんばりたいと思います。ありがとうございます!

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 1日 (日) 23:47

Himikoさま
こんばんわ。コメントありがとうございます。
いつも見ていただいていたなんて嬉しいです。

血栓症は、病院でも最初に疑って色々調べたんです。年齢が高い子に多いらしいのですが、若い子でも稀にいるから、と・・。
結果は陰性でした。なっちゃんの心臓も血液も脳も、健康な子と全く同じみたいなんです。。
でも猫の体のことは知られていないことが多いだろうし、医学では解明できないこともきっとあるんだと思います。私も色々調べてみようと思います。

お気持ちとても嬉しいです。
ありがとうございます。もし、また何か情報があったらそのときは是非またお教えください。
よろしくお願いします!

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 1日 (日) 23:46

パピコさん、お疲れ様でした!
ビックリしました・・・そんな事があったなんて
しかも原因が分からないなんて!?!?
一体なっちゃんはどうしたんでしょう?
でも、今生きている!
トイレも行けたし、毛づくろいも出来てるみたいだし少し安心です
徐々にでも良い!回復に向って頑張って!!!
パピコさんもくれぐれも体調崩さないように
パピコさんが倒れたらニャンズみんなが困るんですよっ
ニャンズのことも大切だけど、自分の体が元気じゃないとニャンズが心配って言ってられないんですからね~!!!

投稿: ぶっくん802 | 2009年11月 1日 (日) 23:14

大変なことがおきていたんですね!!
なっちゃん、よくがんばりました。
このまま快復してくれますように。
パピコちゃんやけろ君達と兄弟になったし
パピコ家のホントの家族になれたんだもんね。
なっちゃん、これから幸せになれますね。
おめでとう。

投稿: rei | 2009年11月 1日 (日) 20:37

なっちゃん、頑張りましたね。
パピコ代理さん、とら猫さん
お疲れ様です。
文章からパピコ代理さんの待っていた時の
気持ちが伝わってきて
涙がとまりませんでした。
「原因がわからない」って
いつどの子にもおとずれるかわからないのですね。
毎日を大切にしたいと思います。

なっちゃん、いいお家に決まってよかったね!

投稿: ocashi | 2009年11月 1日 (日) 10:14

パピコ代理さまお久しぶりです。
なっちゃんの記事を読み驚きましたし、心配になりました。猫ちゃんも心は人間と同じだと思います。考えることもあるだろうし、眠れないときもある。
私は、最近やっと近所の野良ちゃんにご飯をあげれるようになりました。しかし、私はエサやりさんではありません。同じ土地に生きる友として私のご飯を分けているという感覚です。(もちろん猫缶やカリカリです)はじめに友になったのは尾のない三毛猫、次にその娘と妹、そして最近では長女の子供達4匹・・・夜中には大人猫3匹が子猫達の遊びを見守り、しつけもしている様です。子猫達はお母さんが本当に大好きなのですね!お母さんも子猫達を守っています。しつけは母猫のお母さん(お祖母さん)の役目のようです。私の住む地域にも野良猫を保護する人も居るようですが、見かけたことはありません。今はこのまま見守り支えていきたいと思っています。考えが変わることもあると思いますが(寒くなると心配です)、近所の数件の家でご飯を頂いているのは事実だと思います。猫ちゃんを触ることが出来ない私ですが、パピコ代理さんのブログで猫達を知ることができました。本当にありがとうございます。なっちゃんの回復を心より願います。頑張れ

投稿: ピコ | 2009年11月 1日 (日) 04:44

がんばっているなっちゃんにこれ以上がんばって!
って、言っても良いのか…迷いましたが、
でも--やっぱり--がんばって!

パピコ代理さん、
大変でしょうが、
どうか無理せずお体を大事になさってください。
くれぐれも寝不足は大敵です。

応援しています!

投稿: チャチャ丸 | 2009年11月 1日 (日) 03:05

こんにちわ、コメは初めてですがいつも拝見していました。なっちゃんの症状、素人の私がいうのもおかしいかもしれませんが突発性猫血栓症のような気がするのですけれど。。でもそんな大きな動物病院でいろんな検査をしたんだからもし血栓症だったら見つかっているはず。。とも思いますし。。Googleで血栓症、猫、
をいれると色々出てきますので参考になさってください。

投稿: Himiko | 2009年11月 1日 (日) 00:46

みいさま
今は毛づくろいもしていました!
首から下はまだ思うように動かないみたいだけど、昨日よりも確実に良くなっていると思います。
なっちゃんをちゃんとサポートできるようにがんばりますね。

みいさんのところの仔猫たちも無事に帰ってきますように。。。

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 1日 (日) 00:13

しろにゃんさま
なっちゃんは頑張ってくれました。

私もまさかこんなことになるなんて夢にも思っていませんでした。。

一生懸命生きてくれているなっちゃんを幸せにできるようにがんばりたいと思います。なっちゃんは怖い思いしかしてないだろうから・・。

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 1日 (日) 00:11

自転車小僧さま
生きていてくれるだけでいい、ってこういうことなんだと思いました。
これからきっと、考えなくてはいけないことがいっぱいあるけど、今は純粋になっちゃんが戻ってきてくれた喜びに浸っています。
私は息切れするほど走ってもいないけど、仕事も含めて、今後どうやって生きていこうかとら猫氏と会議しています。。大体私が説教されるんだけど・・・。

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 1日 (日) 00:07

ハハさま
心強い応援、胸にがっしり響いていますよ~。
なっちゃんが私のもとに戻ってきてくれて、今は幸せをかみしめています。
私って単純だなってつくづく思うけど・・。
なっちゃんと一緒にがんばります。

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 1日 (日) 00:04

はんなりさま
こんなに生きてるってすごい、って思ったことがないくらい嬉しいです。原因がわからなくても、なっちゃんが生きていてくれるとういことが何よりも嬉しいです。そして、本人は不本意かもしれないけど、うちの子にしちゃいました。もう、なっちゃん中毒です、私たち。。

投稿: パピコ代理 | 2009年11月 1日 (日) 00:00

じゅんこさま
きのうの夜は、なっちゃんを失っちゃうんじゃないかって、半分覚悟決めてたんです。
なっちゃんが、今、私のそばで生きていてくれることが嬉しいです。もう昨日には戻りたくない・・・。

投稿: パピコ代理 | 2009年10月31日 (土) 23:55

まぴさま
なっちゃんは、全国でも最先端だと言われている二次診療専門の病院で、MRIを受けたのにわからないんです。。
でも、MRIで異常がないってことは、可能性がないわけじゃない。
今はなっちゃんが生きてることへの感謝でいっぱいです。

投稿: パピコ代理 | 2009年10月31日 (土) 23:52

なっちゃん、小さい体でよくがんばったね。
威嚇する元気が出てきたなら、いい方に向かっているということですよね?

なっちゃん、頑張れっ!

パピさんのことも、いつも応援してます。
大変な時だけど、ご自愛してくださいね。

投稿: みい | 2009年10月31日 (土) 23:03

なっちゃん、頑張ったね。
そのがんばりは、なっちゃんの意思表示だよね。

読んでびっくりしました。
そして、何としても助けたいっていうパピコ代理さん夫婦の想いが通じたのだと思います。
どんな命も意味があって生まれてきてるはずです。
なっちゃんの命が何者にも負けませんように!
今はとにかく元気になることを祈っています。

投稿: しろにゃん | 2009年10月31日 (土) 22:45

なっちゃん。
頑張れ!!

ジゲンちゃんとゴエモンちゃんのリンク、代理さんが落ち着いたら是非させてくださいね。

いつもいつも心の中では強く強く応援しています。

投稿: ハハ | 2009年10月31日 (土) 21:46

なにはともあれ、死の淵から戻ってこれたことはなによりではないでしょうか。
原因がわからないのは不安でしょうけど、いま、ここになっちゃんが生きていることそのものが一番、大事ですからね。
パピコ代理さんも、とら猫さんもご苦労様でした。
これですべて安心というわけにはいかないでしょうけど・・・
走り続けるとかならずどこかで息切れするものです。
優先順位をつけることに抵抗があるかもしれませんが、自分が倒れてしまっては全てがパーです。
お家の猫たちと飽きるほどに関わってあげることも必要かもしれませんよ。
なっちゃんのそれはきっとそういうサインだったのかもしれないです。
でも、今回のことでパピコ代理さんやとら猫さんの思いはきっとなっちゃんにも伝わりますよ!!

投稿: 自転車小僧 | 2009年10月31日 (土) 18:49

なっちゃん、
生きてる。

よかった。

パピさん、旦那さま、
本当にありがとう。

小さな体でがんばったなっちゃん、
素敵なお家のお仔になったんだね。

なっちゃん、おめでとう(^^)

パピさん、
いつも応援しています。

何か出来る事があれば
お声をくださいm(- -)m

投稿: はんなり | 2009年10月31日 (土) 16:59

大変でしたね。
携帯でざっくり読んだあとあわててパソコンつけちゃったわ!
なっちゃん徐々に戻ってきてくれて何よりです。
原因がわからないのは不安だけど、なかなかずばっと原因がわかることって逆に少ないかもね。。。
もう少し落ち着いたら何かわかるかもね。

何かお手伝いすること、協力することがあったらいつでも遠慮なくいってね。
静岡組まとめて知恵出し合えば、なんとかなることも増えるかもよ♪

威嚇しっぱなしでも慣れなくても、生きていてくれるだけでうれしいよね(o^-^o)

投稿: じゅんこ | 2009年10月31日 (土) 16:24

なっちゃん!
生きていてくれてありがとう!! パピコ代理さまもあきらめないでくれてありがとう!
その想いが愛がなっちゃんに伝わったんだと思います。
原因がわからない。。と言うのは一番気掛かりですね。。脳や神経、遺伝性疾患でもないんですよね。。
たとえ治らなくても、なっちゃんに一番よい介護、日々を送れるように、原因がわかるといいな。。
でも、今は本当に生きていてくれてうれしいです。
パピコ代理さまも当分気を抜けないと思いますが、なっちゃんにパワーをあげてあげてくださいね(>_<)

投稿: まぴ | 2009年10月31日 (土) 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なっちゃんのこと:

« 今夜の猫たち | トップページ | まおたんの卒業となっちゃんの様子 »