« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の記事

2013年11月29日 (金)

ドロップその後

マンホールキャットこと、ドロップちゃん。

さすがに翌日は疲れきっていましたが、今はゴハンももりもりたべて、元気いっぱいです。
シャーシャーいっていましたが、私の服の中にもぐりこんで眠ったりして、めちゃくちゃかわええ〜heart04

念のため、きのうは関内の病院まで行って、健康チェックしてもらいました。ウィルス検査も陰性、血液検査で若干気になる数値がありましたが、おそらくしばらく食べていなかったせいかと。
来月再検査して、問題なければワクチンを打って、家族募集を開始します!

Img_2700

★仮名:ドロップ
★4ヶ月くらいの女の子
★体重1.85kg

よろしくお願いします!


ドロップはひじきが来る前から捕獲しようとしていたお寺にいた猫のうちの1頭だったんです。
1ヶ月以上まえに捕獲作戦中、一度だけ見かけた子猫。神出鬼没なうえ、ほかでゴハンをもらっているようで、なかなか捕まえられませんでした。

そしたらマンホールに落ちてるし。。。もっと早くに捕獲できていれば落ちずに済んだのにね。


それでですね、ドロップにはきょうだいがいるんです。
あと母猫も。

もう、すでに猫の発情シーズン。
一頭の猫が数頭生みます。

避妊、去勢をやらないとどんどん増えちゃうんです。

お寺にはカラスも多いし、生まれたばかりの子猫は危険です。
そして、ちょろちょろ動きがしたら、またどこに落ちるかわからない。

ドロップはたまたま気づいてあげられましたが、きっと誰にも気づかれずに死んで行く猫は多いでしょう。。

そう思ったら、いてもたってもいられなくなりました。

幸い、ドロップの一件で、お寺の関係者の方達とお話する機会ができて、他の猫達の情報も得ることができました。あと、よく出没する場所も。


というわけで、本日また捕獲作戦しました。


Img_2708


ドロップに似た模様の猫たちがうろうろ。


そして、、、


Img_2707_2


3頭捕獲することができました。

今日のこたちはドロップより一回り大きく、手術できそうだったので、病院に届けて来ました。


母猫は頭が良くて、捕獲箱に入るのに踏み板をかわしてえさだけ食べちゃう。
そしてドロップと同じ大きさの黒猫の子猫もいた〜。

ああああ。しばらく平和だった我が家がまた猫だらけになりそうです。。ごめんよ、うちの猫ず。


家族募集の際にはみなさま、どうぞよろしくお願いしますcrying
とら猫がまた家出しないか心配です。。。

| | コメント (2)

2013年11月27日 (水)

マンホールキャット 後編

落ちた。


私のせいで落ちた。


さっきまでおびえて固まっていた黒白の子猫。
さっきまで目の前にいたのに、消えた。

愕然としました。ここまで来たのに、私が死なせてしまった。

ここからはもう放心状態。
いや、まだわからない。助けなきゃ!

走ってマンションの管理人室に行って、別のマンホールのふた開けテッ!!!!と叫びました。

おじさんに別の場所のマンホールのふたをあけてもらったのに、ハズレ。ここじゃない。
いったいどこよ〜〜〜〜〜っ。

そうだ、網が要る!

だんなに電話して、「タモ持って来て!猫が落ちた!網あるら???」とパニック状態で懇願し、
直後にまたレスキュー隊にTEL.

ここでまたやきもきするやりとりがあり、折り返し連絡を待つことになりました。
その折り返しの連絡が全然来ないのよ。。。

ああ、もう溺れ死んでる。。


パニクってたから曖昧な記憶ですが、貯水槽の下にある排水口を見ても水が出て来ていないし、さらにその下流につながる場所をとら猫=だんなが見に行ってくれたけど、猫の姿(このときは遺体と思ってた)はないから、おそらくこの調整池の中にいるはず、と。

と、そのとき、来てくれた!さっきのアルマゲドン隊が!

このときまでに貯水池につながるマンホールをおじさんたちが見つけてくれていたので、アルマゲドンとおじさんが開けようとしてくれました。


が、固くって全然開かない。

これは無理ですね。劣化してしまってるから難しいです、とアルマゲドン。

カモーン。落ちたのがニンゲンだったらそんな簡単に諦める?


そしてたら、「マンホールもう一個あった〜〜〜!!!!!!」って管理人のおじさん。

お願い、今度は開いて、お願い!と祈りました。

格闘すること数分。

YES! 開いた〜っ!

しかも階段ついてて、人が降りれるし!!!!!!!!!!


アルマゲドンが階段をちょっと降りて、懐中電灯で様子を見てくれました。

「いないですねえ」との返事。


え、そんなはずはないんですよ。
あのね、この位置は落ちた場所から離れてるし、わからないよ、まだ。

じゃあ、ご自分で確認してみてください、と言われステップの途中まで降りて、照らしてみると、まだ奥に部屋がある!

まだ奥に部屋があるもん。位置的に落ちたのは奥の部屋なんです。


詳細は省略しますが、この時点でまたしてもあきらめなさい、的ないやな空気が。。
貯水槽は深くて、下にどれくらい水がたまっているのかわからなかったので、それだけは確認させて、と行って降りてみました。

水はたまってない。泥だけ。これなら行けるんじゃね?


とそっと足を地面につけてみたら、ズボボボ。沼みたいになってる。

貯水槽に手すりもないし、これ以上進めない。


うそ、ここで諦めなきゃいけないの? と泣きそうになったそのとき、足が地面に着地した!沼みたいになってない!

歩ける!

色々な注意事項をレクチャーされて、広くて真っ暗な貯水槽の中を歩いていきました。
途中、猫が落ちたと思われるマンホールの穴、発見。

3メートル近い高さから落ちたんだね。。。

もしかしたら遺体発見になるかもしれない。
でも落下したと思われる場所に遺体ないし。


奥へ、奥へと進んで行きました。
ここが最後の部屋。

そしたら、いた〜〜〜! 黒白の物体が!
すみ〜っこで固まってる!


「猫、いました〜っ!!!!!」と叫び、そこからアルマゲドンがタモを持って降りて来てくれて、無事に捕獲成功!!!!!!!!!!!!!!!!!!


猫も私も泥まみれ。

諦めなくて良かった!
みんな愛してる!


それがそのときの私の気持ち。

アルマゲドンに深く感謝!


最後にお兄さんが、猫にむかって「もう落ちんなよ」だって。

たまんないよ、また落ちたら。
アルマゲドンのリーダーになんかいろいろ説明されたけど、嬉しくって全然耳に入りませんでした。
良い子のみんなは真似しないでね、ってことだったかと。


こうしてマンホールキャットは無事にレスキューすることができましたfuji

協力してくれたお寺の関係者のみなさま、アルマゲドン隊のみなさま、工事のおじさん、とら猫、本当にありがとう。そして誰よりも深く感謝したいのが、うちのマンションの管理人のおじさんlovely

最後のお掃除までやってくれて、本当に本当になんとお礼を言ったら良いか。。
うちのマンションの管理人室、一日中、「巡回中」の札だったな。。(笑)

途中、何度も心が折れそうになりましたが、生きてても死んでても絶対連れて帰る、の一心で乗り越えることができました。

今振り返ると、何より運が良かった。落ちたのも結果的には良かったんだもんね。
3メートル近い高さから落下したのに無事だったのは、貯水池の泥のおかげ。泥がクッションになっていたのが良かった。

雨が降っていなかったから、貯水池に水がたまっていなくて良かった。

目の前でマンホール工事があって良かった。

狭い場所で、いつ落ちてもおかしくない場所で、猫の鳴き声にギリギリ気づいてあげられて良かった。

おじさんがいい人で良かった。
お寺の人が協力的で良かった。


とにかく良かった。

そして助かったラッキーな猫はこの子です。

Img_2671

写真はシャンプー直後ね。


その日の夜、横浜は大雨。
なんてタイミング!


ゴハンももりもり食べて、動き回ってるし、ちょっと擦り傷はあるけど大きな怪我はなさそうです。
念のため、明日病院に連れて行きます。

名前はドロップ。とら猫のネーミング。

_b262437

_b262409


ドロップを無事に保護できたこと、これまで生きていて一番嬉しかった出来事のBEST3に入ります。

この子の救助に集中できただけでも、会社辞めた甲斐があったわ、と思ってしまった。

仕事を辞めて、失業保険も待機中な中、収入がないし市民税の請求書を忌々しく感じていましたが、ちょっと気分よく払えるようになったかな。

ドロップちゃんは落ち着いたら家族募集しますのでどうぞよろしくお願いします!

| | コメント (12)

マンホールキャット 中編

shine途中まで書いた記事が消えて脱力。。。。

まあ、それは良いとして、日曜の夜は猫が気になって眠れませんでした。翌朝に備えて早めにベッドに入ったものの、何度もトイレに行きたくなって結局明け方まで寝れなかった〜。(余談ですが、夜明けにパルックが布団にもぐってきたので、抱っこしてたらいつのまにか眠りに落ちてましたsleepy

気づいたのは日曜だけど、だって、猫は少なくとも一週間近くあの場所に閉じ込められてた訳だし、声と目の大きさからして子猫っぽい。ずっと食べるものがなくて、体力も消耗してるはずだから、死んじゃったらどうしよう、と気が気じゃありませんでした。

Anyway,
長い夜が明けた。朝一で現場確認に行きました。
今日は万事に備えてメガネじゃなくてコンタクトレンズ、汚れてもいい捨てる覚悟のスウェット、安いジーンズ、HUNTERの長靴。それから防寒用のロングジャンパーね。

昨晩より小さいけどまだ鳴き声が聞こえる〜〜〜〜。生きてた、良かったhappy02

9時にならないと、工事の人に連絡もしてもらえないよね、、、とやきもきしつつ、マンションに戻る途中のエレベーターの中でぼーっとしてたら「マンホール工事お知らせ」の張り紙が! しかも今日の朝9時から!!これはもう工事のおじさんに頼んで開けてもらうしかない!
うちのマンションの管理人さんと工事のおじさんが来てくれて、開けました、マンホール!

Img_2665_2

とうとう開いた!

しかしながら、開けたときにびっくりした猫は、奥に逃げちゃって姿が見えない〜〜。マンホールの奥がどうなっているのかさっぱりわからないから、下にもぐってみましたが、狭過ぎてかがめないんですよ。。
とりあえず、このままじゃ高過ぎて猫も登って来れないので、足場を設置することにしたものの、姿も見えないし、またもややきもき。
奥に逃げちゃってたらどうすれば良いの〜〜???地下でどうつながってるのかわからない。

そしたら工事のおじさんが『レスキュー隊呼ぶしかない!』と。
昨日ダメだったけど、もう一度頼んでみることに。

交換手に、「昨日頼んだらマンホール開ける道具がないって断られたけど、今はもうマンホール開けたんですよ。だから助けてほしい」、と頼みました。
「(しぶしぶ)助けられるかわからないけど、まあ、現場の確認に行くことはできないわけでもない」と煮え切らない返答を押し切って、とりあえず来てもらうことに。

待つこと数十分。

来てくれた〜〜〜!!!!消防隊員が映画のアルマゲドンのベン・アフレック&その他に見えましたshine

状況を説明して、猫の姿が見えないというと、一人が地べたに仰向けに寝転んで、ひとりがその人の脚を押さえ、頭をマンホールの穴につっこんで、懐中電灯で照らして確認してくれました。
子猫確認!!!
 びびって固まってる模様。ただね、猫がいる奥はさらに通路になっていて、ヘタをしたら奥に逃げ込んでしまうから、これ以上はもうどうすることもできない、と言われてしまいました。
まあ、いいや。すぐそばにいることが確認できたから。

また何かあったら来てくれると言ってくれたので、「あとはこっちでなんとかします」、と伝え、とりあえず、足場を設置して待機することに。

この待機が長いのなんのって。
猫が出てくるまでふた閉めれないし、どうすりゃよいんだ〜。一応道路だから、通行人のことも考えて、管理人のおじさんがポールでマンホールをかこって張り紙をしてくれました。
おじさん、優しい〜!

Img_2667

待つこと数時間。

全然出てこない。もしかして奥に逃げちゃった??

待ちきれなくて、さっきの消防隊員を真似て、私も寝転んでマンホールを確認してみました。

いる〜〜〜!

Img_2670

子猫の手前に穴があるし、奥もどうやら穴っぽい。手を伸ばして捕まえたいけど、それもできないし、とりあえず、捕獲箱をそ〜っと置いて、猫が出てくるの待ちました。
1時間後、また確認したけど、状況変わらず。

と、その直後、「ポチャン」と音が…………………。

のぞいたら、猫がいない。

ポチャン、ってまさか落ちた????うそ、通路じゃないのかよっ。溺れちゃう。

目の前が真っ暗になりました。

どこに落ちたのよっ、確認したらどうやらこの下は調整池。

Img_2673

水深2.85m 貯水量397.8mって…….,

これって、私のせいで落ちた、よね………...。

続く

| | コメント (0)

マンホールキャット 前編

ひじきを無事に送り出した後、またもや一気に寿命が縮まりそうな出来事がありました。

こんなこと、once in a lifetimeであってほしい、と願いを込めて長いけど記録しておきます。
だって、この下から猫の声が聞こえちゃった。

Img_2661

マジかよ、、、、。
数日前にもこの付近からみゃーみゃー猫の声が聞こえたので、周囲を探したのですが、ここはお寺の脇にある細い通路で、民家にはさまれている場所。お隣の家の猫が鳴いているのかな、と思ったのです。
ところが、猫を追いかけてこの道を数日後もう一度通ったとき、また鳴き声が聞こえるし。前回よりも声は小さいけど今度は家の中からじゃないのがわかりました。
え〜???まさかここ? とマンホールの穴に耳を近づけたらビンゴ!この中にいる。。shock
お寺の住職さんが工具を持って開けようとしてくれたけど、重くって、専用の道具じゃないと無理だ、ということになったのですが、あいにく日曜日で工事の人が休みだから月曜日に連絡してくれることになりました。
でもね、声が最初に聞こえたのは少なくとも3日以上前なんです。月曜日まで待てねーし、と思って、経験豊富な友達に相談したら、以前高速道路に紛れ込んだ猫を保護するときに消防隊が協力してくれたと聞き、とりあえず119に電話。
結論、マンホール開ける道具持ってないから区役所に電話してくれだって。
区役所に電話したら、公道じゃないからマンホール開けれない(一応、お寺の敷地になってたらしい)と言うから、だったら道具だけ貸してよ、と頼むと、日曜日だからどっちみち無理と返事。 期待はしてなかったけど、がっかり。結局ね、猫とか助けるのって自力でどうにかするしかないのよね、そんなことわかってたけどさ、ドケチ!と一人毒づきました。
とりあえず、マンホールの穴からカリカリを落とすと食べてる音が聞こえるし、鳴く元気はあるので、明日まではがんばれるはず、と度々様子を見に来ることにして、その日は助けてあげられませんでした。
懐中電灯を持って下をなんとかのぞくと猫の目が光った!ちっちゃい目が二つ、こっちを見て助けを求めています。
あ〜、数日前に気づいていたら平日だったしどうにかできたのに!!!Silly me!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
後編に続く

| | コメント (0)

2013年11月23日 (土)

ひじきのお届け

ひじきちゃん、木曜日にとうとうお嫁入りしましたheart04

先生はお仕事だったため、ご両親とご面会。
もうね、想像以上に素敵なご家族で感無量でした。

Photo

ひじきの新しいおうちは、東京都内の住宅街。

東京➡横浜➡東京とひじきなじみの土地?に戻りました(笑)

先住猫ちゃんがいるのですが、ひろーいおうちなので、猫達それぞれがくつろげるスペースがあるし、ひじきもなんだかんだせまい我が家でも他の猫ずとそれなりにうまくやっていたので大丈夫そうです。

名前もひじきのまま。お父様がいきなり「ひーちゃん、ひーちゃん」と呼んでいたのが可愛らしかったです。

ご両親は、海外生活が長く、先住猫ちゃんもなんと海外から一緒に連れて来た子達。みんなそれぞれ訳ありのお子様たちなのですが、そのエピソードをきいただけで、深〜い愛情に包まれていることがわかりました。

ひじき、本当に良いご縁をゲットしたわね〜heart

当日も、いきなりソファーや椅子の上でくつろいでしました。

Hijiko

良かったね、ひじき。もう安心だね〜。

ひじきの嫁入りは本当に運に導かれて実現しました。私、特になにもしてないし(笑)病院までの運転rvcarはがんばったけどね!

里親様からはたくさんのご寄付をいただいてしまいました。
恐縮です。
そして、たんぽぽとなるてぃの里親様からもひじきへの医療費に寄付を頂きました。
猫トイレも助かりました、ありがとうございます!
そうそう、1年2ヶ月ぶりにたんぽぽとなるてぃにも再会したのです〜。そのときの様子はまた改めて!
スローペースではありますが、これからも引き続きがんばります。
応援してくださったみなさま、ありがとうございました!
ひじきは幸せになりましたよ〜heart04
関内どうぶつクリニックの津山先生にも感謝♡です。

| | コメント (3)

2013年11月15日 (金)

ひじきの家族がきまりました!

house今日は嬉しいご報告happy01

ひじき嬢の家族が決まりました〜shine
おかげさまで、広く里親さん募集を始める前に、良縁をgetすることができましたheart
嫁ぎ先はなんとひじきのかかりつけの獣医さんのおうちhouseです。
予想外の嬉しい展開に私もびっくり(笑)。
体調を崩して2泊3日で入院したひじきちゃん。入院中もその愛らしさをふりまいて、病院のアイドルだったらしいですが、先生もすっかりひじきに魅了されてしまったらしく、ご家族に打診してみる〜と行ってくれたのですが、本日正式にOKのお返事をいただきましたshine

_b132364

おめでとう、ひじき。
入院しなかったら実現しなかったお話なので、きっと何か縁があったんだねえ。
ひじきはTOKYOから我が家へやって来て、関内の病院でご縁をgetし、そしてまたTOKYOのお嬢さんになります(笑)

_b132370

応援してくださった皆様、ありがとうございました。
最近では、うちの猫ずともぐっと接近するようになり、しつこいまだこに根負けして、気づいたら一緒に寝たりしています。良かった良かった。
お届けまで仲良くしようね〜。
ひじきのご縁が決まったところで、お寺の猫ずも、といきたいところですが、捕獲に苦戦していて、なかなか連れてくることができず、やきもきしています。
真冬が来る前になんとか保護したいのですが、、。
cherry cherry おまけ cherry cherry
最近の日課。寒くなって来たので、みんなでソファーの電気ブランケットの上で団子になってます。なんかみんな場所が決まってるみたいで、いつもこの構図なんですよね。

_b132362

パピコ嬢は別宅です。

_b112357

| | コメント (6)

2013年11月12日 (火)

ひじき退院しました!

ご報告が遅くなりました。

ひじきは無事に金曜日に退院できましたhappy01
血液検査の結果も、悪かった値が一気に良くなっていました。
原因がいまだよくわからないのですが、脱水症状をおこしてしまったようです。
入院して戻って来たら、風邪の症状もピタッと止まり、パワーアップしてましたup
食欲もすごくて、寝てても、何してても、カリカリの音が聞こえるとキッチンにすっ飛んできます。
やっぱり選り好みしていたと思ってたときは調子が悪かったんですね。。
大事に至らなくて良かったです。
久しぶりに関内の病院まで運転carで緊張しました。
また金曜日に再診してきます〜。
iphoneの写真がアップできず。。
ひじきのキュートな姿はまだ次回〜!

| | コメント (4)

2013年11月 6日 (水)

ひじきの入院

ひじきちゃん。
昨晩いきなり大量に吐いてしまい、今朝も嘔吐したあとがあったので、心配になって今日いつもお世話になっている関内の病院に連れて行きました。
保護当時、風邪をひいていて、咳をしていたものの、最近は落ち着いていたので大丈夫かなと思っていたのですが、今日は朝ご飯もまったく食べず。。
ゴハンを選り好みするようになったんじゃなくて、調子が悪かったようですweep
血液検査の結果、肝臓の値に異常があったので、念のため2−3日入院することになりました。
保護当時風邪だと思っていた咳も、もしかしたらどこか具合が悪かったのかも。
家族募集はひじきの体調が復活してからにします。

_b042345

明日またお見舞いに行くからね〜。

早くよくなりますように。

 

| | コメント (4)

2013年11月 5日 (火)

その後のひじき

cherry世間では3連休だったんですね〜。

会社を辞めてから、すっかり祝日にうとくなってしまいました。
さて、ひじきちゃん、だいぶ風邪もよくなってきました。

_a302259

家中のあちらこちらでくつろいでいます。

_a312278

保護したばかりの頃はすごい食欲でしたが、もうゴハンに困ることはないと理解したのか、最近では選り好みをするようになってきましたcoldsweats01 

_b042347

(人間の)ベッドでお昼寝が日課。

ひじき用にふかふかベッドを買ったのに、お気に召さないらしいcatface

気になる猫ずとの相性ですが、つかず離れずといった感じです。猫より断然人が好きみたい。同じ空間で生活はできますが、べたべたされるのは嫌いなようです。

なので、先住猫ちゃんの遊び相手に、というのはちょっと難しいかなあ。

ワクチンを打ったら、本格的に家族募集開始しますのでよろしくお願いします!

とても人なつこくて、甘えん坊。小柄(3.1kg)な女の子です。歯もきれいなので、推定年齢は2-3歳くらいでしょうか。

_b012284

おとなしくて、とっても愛らしい女の子です。

cherry おまけ cherry

_b042337

寄り添ってお昼ね中のまだことけろ号。幸せな午後です。

| | コメント (4)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »